活動報告

https://www.facebook.com/CVTvascularnurse

(最新の活動ブログはフェイスブックでご覧いただけます。)

March 22, 2020

2020年2月22日 JET2020in大阪

第25回ハンズオンセミナー 担当:石橋理津子Ns  コロナ感染拡大にて延期

.........................................

2019年10月12日 第60回日本脈管学会総会in東京

第24回ハンズオンセミナー・第4回総会

Vascular Nursing 2019 大会長 渡辺直子Ns   台風接近にて総会のみ実施

.........................................

2019年9月7日 日本フットケア足病医学会in富士山セミナー

第23回ハンズオンセミナー 担当:坂田久美子Ns、長田知香Ns、東海CVTの会他

........................................

2019年7月5日 第39回日本静脈学会総会in名古屋

第22回ハンズオンセミナー 担当:長利麻衣子Ns、坂田久美子Ns

......................................

2019年6月9日 第12回JTFA多業種セミナーin大阪

第21回イベント 御堂筋を走ろう 担当:竹内一馬Dr、長田知香Ns他

.........................................

2019年6月8日 日本トータルフットマネジメント協会足フェスin大阪

第20回市民イベント 血管年齢検査ブース 担当:長田知香Ns、細田夕子Ns他

...........................................

2019年6月28日 第11回日本下肢救済足病学会in神戸 

第19回ハンズオンセミナー 担当:富田則明Ns、渡辺祐太Ns、石橋理津子Ns他




 

March 17, 2019

2019年3月17日 フットフェスティバルinUSJ

第18回ハンズオンセミナー 講師:花田明香先生、加納智美他

・・・・・・・・・・・・・・・

2019年2月09日 日本フットケア学会in名古屋

第17回ハンズオンセミナー 講師:坂田久美子、石橋理津子、渡辺直子、

愛甲美穂、渡辺祐太、富田則明、溝端美貴他

・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年7月29日 フットケア指導士第2回アドバンス実技講習会in大阪

第16回ハンズオンセミナー 講師:関西CVT連絡会他

・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年10月27日 第59回日本脈管学会in広島

第15回ハンズオンセミナー・第3回日本脈管看護師会総会

Vascular Nursing 2018 大会長 建元美奈

・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年7月14日 第10回日本下肢救済足病学会in札幌

第14回ハンズオンセミナー 講師:富田則明、加納智美、溝端美貴他


 


 

March 1, 2018

2018年2月25日 JET2018inグランフロント大阪

第13回ハンズオンセミナー 講師:大久保縁、溝端美貴他

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年2月10日 第16回日本フットケア学会学会in福岡国際会議場

第12回ハンズオンセミナー 担当 渡辺直子

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年11月18日 ナースフェスティバルin USJ

第11回イベント 初の単独開催 大会長 溝端美貴

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年10月21日 第58回日本脈管学会in名古屋国際会議場

第10回ハンズオンセミナー・第2回日本脈管看護師会総会

Vascular Nursing 2017 大会長 長利麻衣子

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年8月5日 フットケア指導士 第1回アドバンスセミナー共催

第9回ハンズオンセミナー 講師:関西CVT連絡会、加納智美他

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年9月17日 日本フットケア学会神戸セミナー

第8回ハンズオンセミナー 講師:久保田義則、小谷淳志、間宮直子、大久保縁、

南川香織、溝端美貴他

・・・・・・・・・・・・・・

2017年5月26日~27日 日本下肢救済足病学会

第7回ハンズオンセミナー



 


 

下肢救済足病学会よりハンズオンセミナーの依頼を受けました。過去のセミナー受講後アンケートで、「エコーの時間が足りなかった」「エコーだけを学びたい」など、もっとエコーをという声が最も多かったため、どっぷりエコーで企画しました。講師の先生は連日、二日間にわたり大変だったと思いますが、みんなの熱心さにパワーをもらい、またやりましょう!と言って下さいました。中島晴伸先生、中野明子先生ありがとうございました。予約は即完売、当日立ち見OKの会場は人で溢れました。

 今回初の学術セミナー「フットケアにおけるバスキュラーナースの役割」というタイトルで、大きな第2会場が、ぎっしりの人で埋まりました。後ろで立ち見となった方も多く、会場入り口まで、溢れるほどの方にご参加頂きました。着座で300名、推定最大400名と言われた大盛況に感謝いたします。今回お願いした講師はバスキュラーナースの会幹部で、WOCナース、超音波検査ナース、糖尿病認定ナース、リンパ浮腫指導ナース、CVTナースと、それぞれの臨床エキスパートです。実務経験を活かしたとてもわかりやすい内容で、楽しい講演をしてくださいました。臨床での指導法も教えて頂き、私も会場の皆様と共に学ぶことができました。今回は2時間の学術セミナーに引き続き、1時間の実技講習を「絆フットケアリレー」の特別枠で実施させていただきました。ドプラと血圧計を使ってのABI測定の実施には、また予想を上回る、多くの参加があり、お待たせしました。脈管看護という新しい分野への意欲を感じる、有意義な第6回セミナーとなり、企画させていただきました大会長の平松先生、松尾先生に感謝致します。座長 溝端美貴。

 CVTの本拠地「日本脈管学会」。今回、奈良での学術集会大会長、吉川公彦先生のお力添えにて、日本脈管学会で初めて、ナースのためのハンズオンセミナーを開催することができました。講師の看護師も2名体制でいつもの倍、そして参加者は少人数という、今までに無い充実感。4ブースにおいて30分ずつ、ハンディエコー、ABI測定、フットケアとSPP、弾性ストッキングと圧迫包帯法、を実施しました。顧問の石田先生、大谷先生に見守られながら、柔らかな空気の中で学び合うことができました。質問もたくさんありました。CVTを取得してもどのように臨床に活かせばいいのか わからなかったという相談にも、今回初めて対応することができました。これからのCVTナースの実技講習の場として、継続して脈管看護に貢献できればと思います。最後は松尾先生も来てくださり記念撮影。石田敦久先生、写真を沢山撮って頂きありがとうございました。楽しく学べました。

February 21, 2016

第4回ハンズオンセミナーを2016JET福岡にて開催させて頂きました。

竹内一馬先生からのご依頼で、午前と午後の部2回に分けて実践、26名の少人数制でプログラムし、事前予約は即売。

血管検査への関心が深まっているのが良くわかりました。

参加者の熱意も伝わり、講師陣も有意義な体験ができました。

今回は4ブースで、

①ABI(フクダ電子)

②SPP(カネカメディックス)

③ハンディエコー(GE)

④ドップラー(Hadeco)を使用しての実践でした。

集合写真は最後に、講師と熱心な参加者達、北海道からのご参加や、リピーターの方など、共に感謝です。

第3回Vascular Nursing~ ハンズオンセミナー:血管検査実践教室が先日神戸での日本フットケア学会において開催されました。フットケア学会のホームページに参加者募集され即日完売で、その後もキャンセル待ちのメールを沢山いただきありがとうございました。

後に参加者定員を増やし、ブースも増やし、少人数制のまま実践していただけるように準備が整い、当日参加の方も、定刻に会場に来て頂けた方は全ての方に御参加頂けました。

今回はCVT認定機構(日本脈管学会・日本血管外科学会・日本静脈学会・日本動脈硬化学会公認)中島里枝子先生と日本フットケア学会の理事長小林修三先生、大会長の寺師浩人先生、研修委員の皆様、関西CVT連絡会の先生方、大阪フットケア指導士の会の看護師などなど、応援してくださったおかげで、CVTナース不足の講師陣をフォローしていただくことができました。

脈管看護を学びたいナースのために、血管検査専門の神戸大学臨床検査技師さんらとCVTの巨匠久保田先生、専門医土田先生が講師という豪華講師を迎え、無事盛会にて終了致しました。 回を重ねるごとに参加者のレベルが上がってきているのがわかります。とても嬉しいことです、今回新登場のリンパ系など逆に教えてもらえました。またとても楽しそうに実践している方が増えました。

そして後の写真~、真剣なまなざしで講師の話を聞いている様子、仲良く楽しそうに実技している様子、アンケート結果、とても貴重な宝物だと思いました。毎回、初めて行く会場でのぶっつけ本番にて反省点も多いですが、皆様の暖かい心使いに救われ、感謝いっぱです。

また次回のためにがんばって行こうと思います。今後ともよろしくお願いします。

https://www.facebook...

「ナースのためのハンズオンセミナー:血管検査実践教室」 第2弾は久留米にて開催しました。ご依頼いただいた、久留米セミナーの大会長・石橋理津子先生からは2年前から申し出があり、先の東京よりも早くからの企画でありました。第1回セミナーの反省を活かして、看護師のニーズをより考慮し、フットケア外来で出来そうなエコー、透析室でシャントを見るためのエコー、病棟のベットサイドで下肢の血流を見るためのエコーなど、臨床看護に活かせるエコーを取り入れてはどうかと思いました。

今回新たにハンディタイプのエコーを2台追加し、エコーの達人富田先生に講師をお願いしました。アンケート結果でも、良かったブースとして最も多かったのがハンディエコーでした。エコーに対するニーズは毎回高いです。

また前回ドップラー法でのABI測定は、すでに臨床で実践しているナースが多かったことから、自由に使っていただけるように、フリーコーナーに置きました。

今回の実践内容です。

1.フクダ電子.オムロンコーリンのABI測定

2.東芝エコー動脈検査、

3.東芝エコー静脈検査、

4.GEハンディエコー検査 

5.カネカSPP検査

27名の参加者と8名の講師陣にて、参加者に対する関わりが深まり、満足度はとても高く、私達もやり甲斐のある実践教室になりました。

この会をもってCVTナースの会の名称をVascular nurseの会に変更しました。会員からの要望で、CVT取得のプレッシャーを感じるや、入会時にCVT資格を持っていないと入れないと思っていた、などの声があったためです。主旨や入会規約は結成時と同じです。

CVTナースの会主催のハンズオンセミナーを東京での第13回日本フットケア学会学術集会にて行いました。検査技師の血管検査ハンズオンは各地で開催されていますが、看護師のためのこのような企画は前例がなく、本邦初の試みで企画の段階からドキドキワクワクでした。

「看護師による看護師のための血管検査教室~やってみようVascular Nursing 」というタイトルで講師5名(看護師)で、1.ドップラー法ABI血圧測定、2.オムロンコーリンとフクダ電子の機器によるオシロメトリック法ABI測定、3.東芝エコーでの静脈エコー、4.動脈エコー、5.カネカ社のSPP測定を80名の参加者に実践指導しました。

CVT認定機構から2名、フットケア学会研修委員3名、大阪フットケア指導士の会から14名がボランティアで来てくださり、サポートスタッフとしてご協力いただきました。

 初めての企画で至らない点が多々あったかと思いますが、ご参加くだしました皆様のアンケートから、こうした血管検査の実践教室のニーズの高さを感じ、とても感謝してくださり、励まされる思いでした。

是非またやってください、とても勉強になりました、必要性を感じました、との声が大変多く、とても大変でしたが、また今後このようなセミナーが開催できるようがんばっていきます。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now